2012年3月26日月曜日

【 復興支援レポート vol.14 】by ソクハイ 渡辺

基本情報

◆ 日 時 : 2012年3月2日(金)深夜より 3月4日(日)
◆ 場 所 : 宮城県本吉郡南三陸町歌津地区
◆ 担当者 : Katz(石出勝行/クーリエ) 岩淵寛(メッセム)
       ヤナケン(柳川健一/クリオシティ)けんすけ(渡辺謙資/ソクハイ)
       モーティマー(http://www.keirinberlin.de
◆ 移動方法: 自家用車1台
◆ 費 用 : 1人/5.000-

◆ 行 程 :
【行 き】
3月3日0:00過ぎ渋谷区渋谷はクーリエを上記5人で出発。
首都高速→東北道と進み、走っていると「白河→白石 ユキのため通行止め」と電光掲示板に表示が。日本道路交通情報センターのHPで確認すると本当の様。
車内で「行けるところまで行こう」と、言うことになる。
3:00頃 那須高原にてサービスエリア(SA)ビバーク。
6:30頃 起床。とっても快晴。SAのモニターで規制の情報を確認すると、通行止めは解除に。但し、「チェーン規制」が発令されていたため、チェーンをフロントタイヤに巻いて再出発(モーティマー:ドイツ出身、けんすけ:新潟出身は「No way」と)。

今回も災害従事車輛証明書を取得しているため、高速料金は無料に。
最後まで東北道を通って、最後の料金所「若柳金成IC」に証明書を提出。
因みに白河以北は今月末まで無料。
15:00頃南三陸町志津川地区に到着。

【帰 り】
3月4日
14:30頃女川を出発。特に何の問題も無く、順調に走り、22:00前に帰京。



主な活動内容

今回の主な目的は、先日発表された、たつがね山MTB大会に向けて、我々に何が出来るのか?と言うことを模索するために実行委員である加藤さんとのディスカッション。尚、前回の様子は、http://www.msgr-scrum.com/2011/11/vol13-by.html#moreを参照。
それと、もう一つの作業は、3日の日にわんぱくプロジェクトのハイジさんと一緒に歌津地区にて千羽鶴ならぬ「万羽鶴」を飾るお手伝い。