2011年7月28日木曜日

MSGR-SCRUMメールマガジンvol.6


少し間が開いてしまいました。東北復興支援はまだまだ続きますが、メッセンジャーが社会との新しい繋がりを築くための取り組みも考えて行きたいと思っています。


……………………………………………………………………………………………
【1】  救命講習
……………………………………………………………………………………………

メッセンジャースクラムは、ボランティアとして被災地支援などの活動を行いながら、
東京や他都市で大きな災害が起きたときを想定してフィードバックし、
同業他社あるいは行政との連携が図れる、連絡・協力関係づくりも目指しています。

ひいては業界全体として、
本分である配送や都市に関する知識を頼りにされるだけでなく、
緊急時の対応力・行動力をつけられるようにする目的で、
まずはスクラムとして「救命講習」を率先して、そして継続的に受けていくことにしました。

日常起こりえる事故や災害発生の時も、
メッセンジャーたちが、ビーチでのライフセイバーの存在のように街中で頼りにされ、
都市部のセーフネットとして張り巡らされるようになりたいと思います。

クリオシティ・小磯


…………………………………………………………………………………………
【2】  メッセンジャーの支援活動いろいろ!
………………………………………………………………………………………… 


【次回Currier Japonは8月19日(金)暫定】
ど盆の週でもありますので、変更する可能性があります。
詳細はTwitterで配信します。アカウントは katz_courier になります。



【支援活動で被災地に行かれる方々へ】
交通至便なクーリエオフィスで一時管理します。
支援活動予定日の事前に必要備品を預かり、
当日、安全な状況でピックアップが可能となります。
また、クーリエでも貸し出しスコップがありますので、
事前に申し出てくれれば当日貸し出しできます。



【カイダンクライマー】
システム製作中。もう少し待ってください!




…………………………………………………………………………………………
【3】  現地へ一緒に行く人を募集しています。
…………………………………………………………………………………………


他にも現地へ行く情報があればここに掲載しますので、
上記フォーマットで info@msgr-scrum.com まで送ってください。



……………………………………………………………………………………………
【4】  現地へ行ってきました!復興支援レポート
……………………………………………………………………………………………

【 復興支援レポート vol. 11】 by クリオシティ ワンチャポ
レポート記事:http://www.msgr-scrum.com/2011/07/vol10-by.html

(駅前での募金活動のレポートです。)


【 復興支援レポート vol. 12】by 元Tサーブ 神野
レポート記事:http://www.msgr-scrum.com/2011/07/vol12-by-t.html



……………………………………………………………………………………………
【5】  このメールマガジンの使い方
……………………………………………………………………………………………
このメールマガジンはメッセンジャー間の情報共有を目的として作られたものです。

・購読について
メッセンジャー以外の方も登録可能です。どんどん広めて下さい。
登録・登録解除の方法は最下部に記載しています。

・掲載したい情報がある人
メッセンジャーだけでなく、自転車が関係する被災地支援情報を広く募集しています。
チャリティグッズ、イベント、被災地への交通シェア、物資届け依頼、支援ノウハウなど。
掲載依頼はメールで。 info@msgr-scrum.com まで。
Blogへの掲載依頼も同様にメールでお願いします。

・発行について
編集はメッセンジャースクラム発起人一同で行っています。
できるだけ隔週で発行できるようにする予定です。
また臨時の速報を出す場合があります。

・内容についてのお問い合わせ
交通シェアなどの連絡先が記載されている場合は直接お願いします。
その他のお問い合わせは、 info@msgr-scrum.com まで。





■ごあんない━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MSGR-SCRUMメールマガジンを人に勧めたい場合は、
このメールをそのまま転送し、購読希望者に↓こちらへ空メールを送るように促してください。
msgr-scrum+subscribe@googlegroups.com

バックナンバーはこちら↓
http://www.msgr-scrum.com/search/label/mail-mag


MSGR-SCRUMメールマガジンを退会希望の方は、
↓こちらへ空メールをお送りください。
msgr-scrum+unsubscribe@googlegroups.com

このメールマガジンは転送自由です。

このメールマガジンに掲載の情報を利用することによって発生したトラブルや損失・損害に対して、一切の責任を負いません。皆様の自己責任の元にご利用ください。特に被災地の情報は日ごとに変化しております。ご注意ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MSGR-SCRUM メッセンジャースクラム
WEB: http://www.msgr-scrum.com/

twitter: http://twitter.com/messengerscrum

お問い合わせ: info@msgr-scrum.com

2011年7月27日水曜日

【 復興支援レポート vol.12 】by 元Tサーブ神野

基本情報

◆ 日 時 : 2011年7月9日(土)
◆ 場 所 : いわき市災害救援ボランティアセンター/豊間地区(福島県いわき市)
◆ 担当者 : 岩淵(メッセム)/渡辺(ソクハイ)/渡邉(クリオシティ)/神野(元Tサーブ)
◆ 移動方法: 自家用車一台(岩淵)
◆ 費 用 : 一人2500円
【行き】
     7/9
     5:00~5:45 都内数カ所にて参加者をピックアップし、出発(常磐道)
     08:10 いわき中央IC
     08:20 いわき災害救援ボランティアセンター(いわき市社会福祉協議会内)到着。
         入口で駐車場の案内を受けて市立美術館の駐車場に車を停める(無料)。
     08:50 初参加の2名(神野、渡邉)と2回目となる2名(岩淵、渡辺)に別れて受付。
         無料でボランティア活動保険に加入できた。
         その後、初参加の2名はオリエンテーションを受けた。
         内容は受付から移動、作業、センターに戻るまでの流れと諸注意など。
     09:20 マッチング。担当の方が作業内容と必要な人数を説明し、
         参加者が立候補して人数調整する。我々4名は同じ活動先に手を上げ、
         一緒に作業することにした。2回目の参加となる岩淵がリーダーとなる
         (依頼主とセンター間の連絡や作業と休憩の指示などを行う)。
     09:50 ボランティアセンターから現地に向けて出発(車5台、20名のグループ)
     10:30 豊間地区の依頼主の家屋/工場に到着。作業内容の説明を受け、作業開始。

【帰り】
     19:30頃 いわき市出発
     22:10~22:50頃 都内各所で参加者を下ろし、解散。



主な活動内容

福島県いわき市の海沿い、豊間地区にある家屋とその敷地内に隣接する元かまぼこ工場の作業場で、津波によって家屋の床下と工場の溝にたまったの砂のかき出しと細かい瓦礫の分別を行った。詳細は以下の通りです。

2011年7月11日月曜日

【 復興支援レポート vol.11 】by クリオシティ ワンチャポ

基本情報

◆ 日 時 : 6/26(日)と7/3(日) 各15時-18時
       その他、
       4月:渋谷駅前4回、
       5月:上野駅前1回。
       僕は5月の上野から参加。
◆ 場 所 : 横浜駅 ジョイナス前
◆ 担当者 :6/26日 屋嘉比[ワンチャポ]、石川、竹本 (クリオシティ)
      7/3日 屋嘉比[ワンチャポ]、柳川(クリオシティ)
      ほか屋嘉比の友人両日6~8名
◆ 募金先 : 日本赤十字社
◆ 募金合計:6/26:10万6902円、7/3:4万5424円+60ウォン
      合計:15万2326円+60ウォン
      渋谷と上野の分も含めると30万円超+60ウォン


主な活動内容

日本赤十字社の社名使用許可書、警察署の道路使用許可書を取得しての募金活動